長期入院患者に対して「必ず元気になるからね」と声をかけてあげよう

長期入院の患者の場合、「いったいいつまで入院すればいいの?」「本当に治るのだろうか」「自分はもうダメかもしれない」などと不安になり、心が弱ってしまいがち。

家族、友人など、周りの人も、長引く入院にはどうしても不安や焦りを感じ、疲れも出てきますが、そんな不安は患者にも伝わってしまうもの。

患者さんに何度も何度も「必ず元気になるからね」「絶対に大丈夫」という言葉をかけてあげましょう。

プラス思考は、病気にとっては非常に重要なこと。

やる気を引き出し、前向きになるだけで、症状には良い影響が見られるはずです。

周りの人が、元気になるだけで、症状にはよい影響が見られるはずです。

周りの人が、元気になることを保証してあげる、約束してあげることで、病気と正面から向き合って戦おうという気力が生まれてうるものです。

長引く入院に、患者の家族や友人ができる最大のことは、心の支えとなってあげること。

「とてもそんな気分になれない」と思うときもあきらめず、まずは声に出して「元気になるよ」「大丈夫」と強くいってみましょう。

最初は半信半疑でも、口に出していけば、自然とそれが強い信念になり、強い信念は周りにも広がっていきます。

ポイント

  • プラスの言葉を何度も言ってあげる
  • ・心を支えてあげること
  • ・強い信念を伝えてあげること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です