こどもの夜尿症の人は「あせらず、起こさず、怒らず」と声に出して言おう

5~6歳すぎても、夜眠っている間に尿漏れを起こす場合を「夜尿症」といいます。

特に、学童期以降になっても治らない場合、本人や家族が悩んでしまうことも。

でも、幼児の場合は、尿道のしまりが弱いために起こる生理的なもので、特に心配はいりません。

ただし、神経・内分泌系発達障害による「抗利尿ホルモン(ADH)分泌不全の多尿型」や、暴行機能の、未発達による「膀胱型」の場合は、治療をします。

日頃から、寝る前の飲食を減らすこと、トイレに行ってから寝ること、体を冷やさず温めることなどを習慣づけておくことも大切です。

日中、「トイレを我慢してみる」トレーニングを行うと、尿意のコントロールができるようになってきます。

いずれにしても、大切なのは、「あせらず、起こさず、怒らず」の3原則。

「時間が治してくれるよ・大きくなると治るよ」と声をかけ、睡眠不足にならないよう、朝までそっとしておいてあげましょう。

夜中に起こしてしまうと、逆に、十分な睡眠が妨げられ、発達の足をひっぱっておねしょが長引くことがあります。

ポイント

  • ・時間が治してくれるもの、あせりは禁物
  • ・夜中に起こすと、発達の妨げになり、おねしょを長引かせる原因になることも
  • ・お母さんが心配だと、こどもも心配。自信をもって見守ってあげよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です