じんましんの人は「すぐ消えるから大丈夫」と声に出して言おう

じんましんの名前の由来は、「刺草」「蕁麻」=イタイタ草に触れたあとの皮膚症状に似ていることから。

蚊に刺されたあとのように、ふくらんで、とても強いかゆみを生じますが、それと同じく、やわらかい皮膚に突然あらわれ、強いかゆみに苦しめられます。

5人に1人は経験していると言われています。

食物、薬、気温の変化、動物・植物との接触、感染症など、原因はさまざま。

しかも、原因を特定できないことが、ほとんどです。

治療法は、かゆみは冷やし、熱い湯は避けること。

かゆみどめを塗り、薬を飲むことなど。

患部はかかないようにすることが大切です。

また、日頃から規則正い生活をすること、ストレス解消、疲れを早くtること、睡眠不足を避けることなども心がけましょう。

急性のじんましんは、たいてい数時間で消えるもの。

急に皮膚がほこぼこになり、かゆくなるのでどうしても焦りますが、できるだけイライラせず、「かかないこと」を心がけましょう。

また、免疫が下がっている場合があるので、安静にしましょう。

かゆみは非常に辛いですが、「すぐ消えるから大丈夫」と自分に声をかけ、数時間で消えることを信じるのが大切です。

ポイント

  • ・かゆみは強いが、すぐ消えるから、大丈夫
  • ・何よりも「かかないこと」を心がけよう
  • ・疲れすぎ、寝不足、ストレスは大敵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です