めまいの人は「まずは座って、落ち着いて」と声に出して言おう

誰でも一生に1~2階は、めまいを経験するもの。

めまいはきわめて不快で、一度起きると再び起きるのではと不安感もありますが、多くの場合は心配ありません。

ただし、中には疲労の前兆・不調のサインという場合もありますので、「めまいぐらい」と無視したり、いたずらに不安がったりするのではなく、気になる人は、一度受診して調べておくほうがよいでしょう。

めまいには、三半規管になんらかの障害があり、目がまわるような症状がでる回転性のものと。、脳貧血などによって、体がふらふらしたり、突然目の前が真っ暗になる日回転性のものがあります。

めまいが起こったときは、「まずは座って、落ち着いて」が合言葉。

衣服をゆるめ、座るか、横になるなど、いちばん楽な姿勢をとりましょう。

起立性のものが多く、いきなり倒れる場合もあるので、慌てないことが必要です。

めまいを防ぐには、規則正しく、バランスの良い食事や、十分な睡眠をとり、生活習慣を整え、ストレスをためず、毎日笑って暮らすことも大切です。

ポイント

  • ・倒れる場合もあるので、まずは座って、落ち着くこと
  • ・めまいを繰り返すようなら、必ず受診を
  • ・規則正い生活とストレス解消で、めまいをやっつけよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です