ストレスの人は「ピンチがチャンス」と声に出して言おう

心身の様々な不快症状、病気を引き起こす原因の一つとして考えられるストレス。

ストレスはさらに、病状を悪化させ、意欲・元気も奪っていきます。

このストレスだらけの現代を生きるには、1つ1つをまともに受け止め、立ち止まり、考えていてはダメ。

ストレスに押しつぶされてしまいます。

ストレスとの上手なつきあい方を知ることは、今を生きるうえで、非常に大切なことでもあります。

そのためには、まず考え方をできるだけ前向きにすること。

物事にはたいていプラスの面とマイナスの面がありますが、マイナスの面は思い切って目をつぶってしまうのもいいです。

同じ物事でも、見方を変えるだけで、ずいぶん違ってみえるものです。

辛いとき、不安なとき、緊張するとき、ストレスを感じるときは、「ピンチがチャンス」と唱えましょう。

何事も怒らない毎日は、退屈で、かえって不安になるものです。

「ここを乗り越えれば楽になる」「ストレスは、ちょうど良い刺激(愛のむち)」と考えてみましょう。

ポイント

  • ・ストレスはまともに受け止めず、受け流すことも必要
  • ・辛い時は「ピンチがチャンス」と唱えてみよう
  • ・ストレスはちょうどよい刺激になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です