不妊症の人は「楽しいことは2人で倍に、辛いことは2人で半分に」と声に出して言おう

不眠症とは、生殖年齢の男女が妊娠を希望し、2年性生活を持ちつつも、妊娠できないときを言います。

全カップルの1~2割と推定され、女性不妊、男性不妊、両性に原因がある複合不妊が、それぞれ3分の1ずつと言われています。

また、過去に出産しているものの、二人目以降ができない不妊症もあり、過去の妊娠の有無によって「原発不妊」と「続発不妊」とにわけられます。

治療は、原因に応じた方法を選ぶのが基本ですが、年齢、不妊期間、本人の希望などに応じて医師と相談し、スムーズに妊娠できない場合は、さらに治療方法のステップアップを進めていくのが一般的です。

不妊に悩む人が1番気をつけて欲しいのは、自分を攻めないことです。

ストレスは不妊の原因にもつながります。

また、妊娠できないことで、夫婦不和になるなどというのは、本当にばかばかしく、もったいないことです。

1人で悩みを抱え込まず、辛いときこそ、パートナーを頼りましょう。

「楽しいことは2人で倍にし、辛いことは2人で半分に」を合言葉にしていきましょう。

不妊を乗り越え、さらに絆が深まる夫婦もたくさんいます。

ストレスを減らし、心も体もあたため、妊娠を2人で待ちましょう。

ポイント

  • 不妊は「カップルの病気」と考えよう
  • 楽しいことは2人で倍にし、辛いことは2人で半分にするを合言葉に
  • 心も体もあたためることが妊婦への近道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です