家庭内高血圧の人は「朝の血圧に用心」と声に出して言おう

血圧は一日中変動するもの。

高血圧には色々な種類があり、白衣高血圧とは逆に、仮面高血圧(逆白衣高血圧)といって、病院で計測すると正常なのに、家庭では高血圧の人もいます。

これを見逃し、放置していると、合併症が起こる可能性もあり、非常に危険です。

自分の血圧を性正確に知るためには、毎日、家庭血圧をはかることが重要です。

血圧は、朝と夜の2回、同じ方法で測定しましょう。

血圧は一般に、夜から睡眠中に低下し、朝、目が覚めるころから徐々に上昇します。

ところが、怖いのは、起床時の血圧が高い「早朝高血圧」の人。

脳卒中や心筋梗塞の引き金になる危険性があります。

また、早朝高血圧の人には「睡眠中の血圧は正常なのに、目覚める頃から急上昇し、その後再び正常値に戻る人」「血圧が高い状態が睡眠中から朝まで続き、その後、正常に戻る人」の2種がありますが、どちらも「朝の血圧に用心」です。

血圧が高い人に特に注意してほしいのは、寝床から起き上がるとき、トイレでいきむときなど。

走る、運動する、煙草を吸う、車を運転する、熱い風呂に入る、怒る、興奮する、イライラするなどでも、血圧はすぐ上昇します。

ポイント

  • ・朝の高血圧は、脳卒中や心筋梗塞の引き金にもなる
  • ・朝起きるとき、トイレでいきむときなどは要注意
  • ・イライラ、カッカをやめ、穏やかな生活を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です