拒食(摂食障害) の人は「太っていても、私は素敵」と声に出して言おう

痩せたい!もっと痩せたい!肥満は怖い!太るのは嫌!人に見られるのが嫌!このように、無理なダイエットをしたり、ほとんど食べない拒食症の人が若い女性に見られます。

拒食は痩せたい願望のために、食事を極端に制限し、体重減少が著しいこと、極端に痩せていても活動的であること、無月経、血圧低下、脈拍が遅い、体が冷たいなどの症状があります。

痩せようと下剤や利尿剤を飲み、無理やり吐いている人は危険ですので、すぐにやめましょう。

原因は、まず自分の体型に対する認知がずれていることから起こります。

放置しておくと、やがて栄養失調やメンタルの影響が、心身のゆがみを生じ、精神・身体的傷害を誘引し、社会に適応できなくなることすらあります。

治すには、まず拒食の原因と、自分が今置かれている状態を考えてみること。

そして、家族と一緒に治していきましょう。

バランスのとれた消化のよい食事をとって、一歩一歩食べて元気をつくっていきましょう。

太ることは、悪いことではないのです。

「太っていても私は素敵」といってみましょう。

はじめは信じられなくても、言葉は唱え続けることで、意味があるのです。

ポイント

  • ・「太っていても、私は素敵」と毎日言ってみよう。
  • ・今の自分がお個荒れた状況を見つめなおしてみよう。
  • ・家族はみんなあなたの味方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です