生理痛(月経困難症)の人は「ありがたや、やれ、ありがたや」と声に出して言おう

月経時に、痙攣性の下腹部痛や腰痛、その他いろいろな症状をもたらす生理痛(月経困難症)。

どこも悪く無いのに、月経期子宮内膜で産生されるプロスタグランジンによって、子宮筋の収縮がおこって機能性の月経困難症と、子宮内膜症や子宮腺筋症などによる器質性の月経困難症とにわけられます。

月経とは赤ちゃんをつくるための大切な種まき準備期間。

畑をたがやす苦労なので、大変おめでたい、やりがいのある作業だと考えます。

「この痛みは、体を洗い清め、赤ちゃんの準備をしているもの」と自分自身に言い聞かせましょう。

「ありがたや、やれ、ありがたや」

きっと月経痛はどんどん楽になってくるはずです。

また、生理痛があまりにひどいときには、体の異常信号です。

きちんと対応していけば、さまざまな婦人科系の病気を予防することもできます。

月経は女性にとって、1番大切で、1番綺麗になれるチャンスのとき。

月経のデトックス作用によって、いちまでも若く美しくいられるのです。

毎月痛みを感じるのは、1月、1月、綺麗になっている証拠。

ありがたく生理痛と向き合いましょう。

ポイント

  • ・生理痛は、赤ちゃんをつくるための大切な準備期間と考えよう
  • ・生理痛がひどいときは、体の異常信号の可能性もある
  • ・生理痛は1月、1月、綺麗になっている証拠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です