胃潰瘍の人は「お腹と心を温めよう」と声に出して言おう

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、胃酸(強い塩酸)とペプシン(強烈なたんぱく質消化酵素)で壁が削られ、痛みや出血を起こす病気。

日本人の1~2%に発病するといわれています。

治療法としては、抗潰瘍薬とピロリ菌の除菌を用いますが、1番大切なのは、毎日の生活の工夫。

まず食事はバランス良く3食、規則正しく、腹八分目を心がけましょう。

日頃からあまり無理せず、気分転換し、週末にはリフレッシュを。

ぐっすり眠ること、毎日決まった時間に起きること、ストレス解消をし、ニコニコ過ごせる工夫も大切です。

笑うことは、健康にとって非常に大切なこと。

血液循環をよくし、胃腸を強化します。

「楽しくもないのに笑えない」と言う人もいますが、楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなるのです。

とにかく笑ってみましょう。

胃潰瘍は温めるに限ります。

そして、原因になるストレスには心のぬくもりを与えてあげましょう。

「お腹と心を温めよう」と声をかけ、自分をいたわってください。

ポイント

  • ・胃潰瘍は温めることが大切
  • ・ストレスには、心のぬくもりを与えよう
  • ・笑って過ごせば、血液循環もよくなり、胃腸も強くなる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です