ワールドカップ時に発生する謎の勢力について

こんにちは。

キウイズムです。

 

現在サッカーのクラブワールドカップが開催されています。浦和レッズも本田選手所属のパチューカも敗退してしまい去年の鹿島アントラーズのようなワクワク感は残念ながらなくなってしまいましたが、今回は浦和レッズが10年ぶりにACLを制覇してアジア王者枠として参加したことに大きな価値があるとおもいます。(サッカーは特に贔屓チームはないですが。キツイ日程の中、良く頑張った!)

やはりアジアトップ国としてACLは常に優勝争いしないとJリーグのレベルが上がっていかないですからね。

 

来年のワールドカップの組み合わせも決まり、日本のサッカー熱もこれからヒートアップしていくことでしょう。

わたくしは野球も好きですがサッカーも好きなのでこれからの時期はワクワクしてきます。

 

ただ最近ワールドカップ時に発生する謎の勢力が気になります。

 

「日本は世界との差がありすぎる。」

「どうせ日本は負ける」

「自分たちの実力を客観的に見るべき」

という風に斜に構える人たち。

「イタリアやオランダが予選敗退した欧州はやっぱりレベルが高い。日本が出られるレベルのアジア枠をゆずるべき。」

という謎の意見も。

 

ブラジルワールドカップの時、本田選手が優勝を公言した際も「身の程知らず」とか散々叩かれていた記憶があります。

 

現状を冷静に分析することはもちろん否定しませんし、むしろ成長には不可欠なものだと思います。しかし、それとは別で勝負の世界には「調子にのる」「勘違いする」ということも必要なのです。

 

普段Jリーグなんて見てないけどワールドカップ時ははしゃぐいわゆるミーハーな人たちに対してサッカー好きは渋い顔をします。

ただそんな世界との差を知らないようなミーハーな人たちが純粋に応援することで生まれるムードもあるんじゃないでしょうか。

 

サッカーというのは勝利の歴史を持つ国が勝利してきました。しかし勝ち続ける国にも必ず最初の1回目があるわけです。その壁を打破するためにはそういった要素も必要です。

 

何が言いたいかというと

無知が故の勢い。

時には大事なんじゃない?ということです。

 

今日はこの辺で。

ありがとうございました。

 

 

 

関連記事

NO IMAGE

プロは叩かれて当たり前なのか?

全国高校サッカー選手権 夏冬連覇なるか?それとも昨年の選手権決勝大敗の屈辱を果た...