対、マウンティング

(人間界における)マウンティングとは・・・

主にさりげない会話の中で行われる、「自分の方が上である」と知らしめるような発言またはやりとり。

女性に多いと言われがちではありますが、普通に性別を限らず見られます。

今日、「マウンティング」を経験してしまった。される側ですよ。

付き合いが長い、とても純粋な友人だから一切悪気がないのはよくわかっている。

そういう、自分がうまくいっているときには無意識に相手に無神経なことを言うような人なのだ。その人は。

私は鈍感にもすぐには気づかず、微笑んだまんま。

でも、言われたことばはボディブローのようにあとから効いてくる。

気分がわるくてもやもやして、なんでなのか考えて、思い当たる。

あのことばが嫌だったのだと。

 

マウンティングされたら私たちはどうしたらよいのだろう。

ということを、メンタルマネジメントの一環として考えてみることにした。

 

例)「非正規でまで、好きなこと続けてて偉いね~」

 

A…言い返す。例)「え~なんか嫌な感じw」

B…マウンティングし返す。例)「うん、副業も考えると正社員やるより待遇いいし~w」

C…流す。例)「えへへw」

 

相手や状況、関係によりけり。

勿論正解はない。

 

その場で咄嗟に選びがちなのは、「流す」ことだろう。今日の私もそうだ。すぐに気が付かなかったということもあるが、気づいたとしてもAとBはすぐに切り返す必要があり、大きなエネルギーを要する。しかし流すことだって、長い目で見たら本当は言い返したり、マウンティングし返したりと同じように疲れる、自分にやさしくない選択だ。

ではなぜCか。

流すことがベストだからではない。

面倒くさいからだ。

トータルで見たら、ひとりでもやもやを消化し、黙って距離置きのほうがエネルギーは要らない。

よりエネルギーを使わないほうが賢いと思っているわけでもない。

繰り返すが面倒くさいからだ。

面倒なのだ。嫌なことを嫌だと言うことは。

AやBをさらっとできたらいいなあ、と思うこともある。

でも私の場合絶対さらっとできず、重い雰囲気になり、(今日の友人からは)謝罪の長文連絡が来ることは目に見えている。それではもやもやは解消しない。罪悪感で余計にもやもやするのが関の山なのだ。

それにしても何回も同じようなことの繰り返しは、不毛だ。

げんに私はその友人にかれこれ12年はもやついている。

だから「なんだこいつむかつく」と素直に認めて、次回のお誘いは断ると決めた。

あと、今度「ん?」と思ったら、言い返したりはしないけれど、微笑んだままでも変な「間」を作ってやろうと決めた。

D…指摘しないが失言に気づかせる。

あとめっちゃ半身浴していいにおいのするボディクリームを塗って海外ドラマ見て寝る。

 

よし。解決。

関連記事

いつの間にか自然にコンビニ買い食いがしたくなくなっている件

NO IMAGE

仕切り直しにジムに登録しに行ってみた

NO IMAGE

【肯定的な美】体の細胞を生まれ変わらせるにはどうしたらよいか真面目に考える

NO IMAGE

自分で自分をご機嫌に…病みつつあるときの感情管理

NO IMAGE

小さな習慣の小さな成果【8年目の正直】