フリーランスになる前にやっておいて良かったと思うこと

f:id:namake-mono:20171211133927j:plain

フリーランスになる前にやっておいて本当に良かった!と思うことがひとつあります。それは、不労所得(みたいなもの)を得る仕組みを作っておいたことです。不労所得といっても色々とありますが、私の場合は不動産投資をはじめました。

この記事では、フリーランスにとってのリスクや不労所得があることのメリット、不動産投資をはじめたきっかけやおすすめの本などについてご紹介します。

フリーランスのリスク 

フリーランスは自由度が高く、好きな場所好きな時間に働くことができます。人間関係のストレスが減ったり、状況によっては仕事量を調整できたり、メリットがたくさんあります。

しかし、フリーランスの場合(仕事内容にもよるかもしれませんが)、体調を崩せば仕事はできなくなり、収入もなくなってしまいます。

また、健康な時であっても、収入が不安定になりがちです。いくつかの企業と月額で契約をしていたとしても、いつ仕事がなくなるかもわかりません。収入が不安定になりがちなことが、フリーランスにとって一番のリスクな気がします。

フリーランスでも不労所得があれば安心

でも、不労所得があることでフリーランス業も安心して励むことができます。

私の場合、フリーランスになる前から不動産投資をしていて、サラリーマンの平均的な手取り収入と同等くらいの収入があります。フリーランスとしての仕事以外の収入があることで金銭面だけでなく、精神面でもものすごく安心感を得ることができます。

実を言うと現時点では、不動産収入は生活費に使っていなく、次の物件を買うために貯金をしている状態です。

でも、いざとなったら不動産収入の貯金を使えばいい、場合によっては物件を売却すればいい、など。とにかく、なんとかなると思えるので、心に余裕を持ちながら仕事をすることができます。

収入が不安定で不安だからと、仕事をたくさん詰め込んだり、嫌だと思うような仕事を引き受けたりしなくてすむし、自由な働き方を奪われないのが良いです。

不動産投資をはじめたきっかけ

そもそも不動産投資をはじめてきっかけは、「働けなくなったらどうしよう…。」と思うようになったからです。

社会人になってから6年くらいが経とうとしていたころ、偏頭痛、肩こり、首こり、などが頻繁に起こるようになりました。体調が悪いせいで会社を休むことも多くなってしまいました。

そんな時、このままずっと体調が悪い状態で働き続けて良いものかと思いはじめ、同時に、働けなくなったらどうやって収入を得ればいいんだろうか。と色々とお金のことについて悩むようになりました。

ファイナンシャルプランナーから勧められた不動産投資に興味を持ちはじめ、本をたくさん読んで勉強し、はじめることにしました。ちなみに、実はこの時点ではまだ会社を辞める予定はありませんでしたが、このタイミングで始めておいて良かったと実感しています。

働かずに収入を得るしくみを

私の場合、たまたま不動産投資でしたが、不労所得を得る方法は他にも色々とあります。アフィリエイトサイト、ブログ、ストックフォト、YouTube、アプリ、LINEスタンプ、株や投資信託などの投資、レンタルビジネスなどなど。

最初に何かしくみを作っておいてしまえば、その後は自分がそれに対して直接働いていないときであってもお金を稼ぐことができるって、とても効率が良いし、フリーランス業での自由度が増すと思っています。

もし現在会社員で、今後フリーランスになろうと思っているのであれば、会社を辞める前に不動産投資を検討してもいいかもしれません。会社員の方が信用があるので、融資も受けやすくなるので。

逆に、既にフリーランスの場合、収入が不安定だったりすると、なかなか物件を購入するのは難しかったりしますので、他の方法を考える方が早いかもしれません。

おすすめの本

最後に、ヒントになりそうなおすすめの本を2冊ご紹介!

金持ち父さん 貧乏父さん」は有名なのでご存知の方は多いかもしれませんが、お金に対する考え方を身につけるにはとても良い本です。「ストックビジネスの教科書」は、毎月安定した収益を得るビジネスモデルについて学ぶことができます。

それでは、また!

関連記事

NO IMAGE

コワーキングスペースの月額契約をする際のポイントを経験者目線でご紹介

NO IMAGE

ぐうたら生活から脱却する5つの方法

NO IMAGE

「出会い」を大事にすること

NO IMAGE

気になる!日経MJ:2017年のヒット商品番付

NO IMAGE

わずか3ヶ月で月額会員をやめたコワーキングスペースの別プランで再契約!

NO IMAGE

在宅フリーランスなら自宅以外の仕事場をいくつか持つのがおすすめ!