食生活を変えたらマジで苦労しなくても痩せてきたので紹介する

食生活を変えたらマジで苦労しなくても痩せてきたので紹介する

 
世の中いろんなダイエット方法が出回っていますが原則的には1日の消費カロリーが摂取カロリーを上回ってなければいけません。
 
消費カロリーが上回っていなければ、余ったカロリーは体脂肪として体に蓄積されていってしまうからです。
逆に足りなかったぶんのカロリーは蓄えられてる体脂肪などを消費して使われるので痩せていくということです。
 
今回、僕は食事の内容を変えるだけで特に苦労する事もなく痩せる事ができたので、その内容をこうかいします。
 

僕の今の食事

朝食はココア味のプロテイン入りのオールブランです。
オールブランと一口にいっても今は色んな種類が売られてまして、プレーンの物は僕はあまりおいしく感じなかったので、フルーツミックスやナッツ類が入ったものにしてます。

f:id:camel7777:20171213183317j:plain

 
オールブラン 50グラム 約160カロリー
低脂肪牛乳 200ml 約68カロリー
プロテイン 20 Gグラム 約80カロリー
合計で約308カロリー
 
昼食は
冷凍食品のスパゲッティ
一食分 約460カロリー ~ 510カロリー
 
 
この朝食と昼食の合計のカロリーが約800カロリーとなります。
 
成人男性の1日の消費カロリーが約1800カロリーとされていますが、朝昼食べた段階ではまだ800カロリーぐらいなので残り1000カロリーも食べることができます。
まあ、そんなに食べないですけどね。
 
この成人男性の1日の消費カロリーは何もしていない状態での消費カロリーの目安となっていて、実際には通勤や仕事など日々の生活の中でもっとカロリーを消費していますよね?
 
実際には2200カロリーぐらいなるのではないでしょうか。
 
この食事のメリットはオールブランは結構腹持ちがよく、300カロリーぐらいの食事ですが、長い時間空腹感を感じずに済みます。

f:id:camel7777:20171213183251j:plain

また冷凍食品のスパゲティなどは、味も意外と美味しく食べ放題もあるのにカロリーは500カロリー前後に抑えられていてこちらも腹持ちが結構いいので、朝出勤してから帰宅するまでの間、あまり空腹感を感じずに過ごすことができます。
 
むしろ口が寂しくなって間食をしたくなるぐらいです。
 
また、飲み物はミネラルウォーターかブラックコーヒー飲みにしてます。
両方とも単純にカロリーがほぼ無いに等しいし、コーヒーは体脂肪を分解して燃焼しやすくする作用があるのでダイエットに効果的です。
 
血中脂肪異常症の対策のために始めた食事ですが、思いのほか、かなりのダイエット効果が出ていてすごい驚いています。
 
効果が出た要因としては吸収が穏やかな食べ物であることと腹持ちがよいということで、食べた分のカロリーが体にたまらずに消費されやすい状態であったことと、腹もちがよいので、単純に少ない摂取カロリーでも苦痛になっていないところが大きな理由ですね。
 
 
今まではダイエットする時は思いっきり食事制限をしたり2時間以上ジョギングしたりなど結構ハードに行っていましたが、食事を変えただけで空腹との闘いや、運動を増やすことなく簡単に痩せることができました!
 
また、今までと比べると、減った体重に対して体脂肪が減った割合が高いので、健康的にダイエットをしたい方や、あまり筋肉を落としたくない方にも非常におすすめです!
 
 

ダイエットの効率を上げる食事

ダイエットにおける原則は消費カロリーが摂取カロリーを上回ることです。
 
ですが、食事の取り方、とくに炭水化物の取り方によって体脂肪の付きやすさ、付きにくさが変わってきます。
 
炭水化物は食材や一緒に食べる物、食べる順番によって吸収スピードが変わることで、体脂肪の付きやすさに差が出てきます。
 
食べてすぐに一気に吸収されてしまうよりも、食べてからゆっくり吸収される方がダイエットには向いています。
 
炭水化物は、消費されずに余った分は体脂肪に変換して蓄えられます。
 
食べて一気に吸収されてしまうと吸収された分のカロリーの消費が追い付かず体脂肪として一旦体に蓄えられます。
そしてその体脂肪を分解して使われていくようになります。
 
ですが、食べてゆっくり吸収されていくものに関しては吸収がゆっくりな分、摂取したカロリーが消費される割合が増えるので、体脂肪として蓄えられる量が減ります。
 
余計な脂肪を増やさずに済めば効率よくダイエットを進めていくことができます。
 

吸収がゆっくりの物とは

一般的にしっかりと精製された炭水化物である白米や小麦粉などの白い色のものは吸収が早いです。
逆に、玄米や全粒粉のパンなどのあまり精製されていない物は吸収が穏やかになります。

f:id:camel7777:20171213183203j:plain

その違いは炭水化物以外の栄養素のちがいで、主に食物繊維などですね。
 
これは食物単体で見た時の話なので、普段の食事のなかで食物繊維を多めにとっていくことでも効果があります。
 
その他にも脂肪分も吸収を穏やかにしてくれる作用があります。
脂肪分というとダイエットによくないんじゃないかと思う方もいると思いますが、脂肪分も身体には必要な大事な栄養素なので、オメガ3系脂肪酸などの身体によい脂肪分の多いオリーブオイルや青魚などを食事に取り入れていくといいですね

関連記事

NO IMAGE

【効果をレビュー】JINSのPCメガネで紫外線と眼精疲労を防ぐぞ!【値段・価格 ...

NO IMAGE

花粉症の薬の種類が増えているのを、初めて知った!

NO IMAGE

風邪薬よりもハチミツ!ハチミツプラス効果で風邪の治りがぐっと早くなるやり方7つ

NO IMAGE

不眠…自分で出来る対策

NO IMAGE

花粉症対策 2018年

松戸江戸川土手をウォーキング 少しジョギングも入れてみた