日経ビジネスオンライン第11回目は、『男性ホルモンの投与でED、うつが改善?』です!

日経ビジネスオンラインでの週刊連載、『医療格差は人生格差』。

今回は「男性ホルモン」についてです。

 

business.nikkeibp.co.jp

 

加齢に伴い、男性は様々な機能が衰えていきます。

例えば「ED(勃起障害)」は象徴的ですし、「筋肉量の低下」や「肥満」、「骨密度の低下」といった肉体的な変化が表れ始めます。

さらには「うつ」、「認知症」なども深刻な問題になりえます。

 

近年の様々な研究の結果、男性の加齢に伴う「いた仕方ない変化」として捉えられてきたこれらの様々な症状の発現に、テストステロンの減少が深く関わっていることが分かってきました。

現状で分かっていることをすべて解説いたします。

 

ぜひご一読ください!

(文・近藤慎太郎)

 

がんで助かる人、助からない人 専門医がどうしても伝えたかった「分かれ目」

がんで助かる人、助からない人 専門医がどうしても伝えたかった「分かれ目」

 

関連記事

NO IMAGE

日経ビジネスオンライン第5回目は、『胃がん検査にはバリウムよりも胃カメラを!』で...

NO IMAGE

日経ビジネスオンライン第28回目は、『がん検診の受診率にも影響する貧富の格差』で...

NO IMAGE

日経ビジネスオンライン第25回目は、『PET検査、「毎年受ける」のは間違い?』で...

NO IMAGE

日経ビジネスオンライン第17回目は、『罹患者が特に多いのに盲点になっているあのが...

NO IMAGE

日経ビジネスオンライン第27回目は、『血液がん検診が人を疑心暗鬼のるつぼに落とす...

NO IMAGE

日経ビジネスオンライン第30回目は、『「がん検診」運用ルールは100点ではない』...