富山市と高岡市の違いを体感で語る

こんにちは。じんぞーの日記にお越しいただきありがとうございます。富山に10年以上住んでいたじんぞーです。

 

 

 

 富山市高岡市ではかなり違う

富山県の中央付近にあります呉羽山を境に東側を呉東地区、西側を呉西地区と言います。呉東の代表が富山市で呉西の代表が高岡市です。

 

簡単に説明すると富山市富山県の県庁所在地です。総曲輪と言う繁華街があります。経済においても政治においても当然富山県の中心です。近年は再開発が進められて、街がどんどんと新しくなっています。コンパクトシティで非常に暮らしやすい街だと思います。

 

高岡市は商人の街と言われております。富山市とは違い、空襲にあわなかった分、古い街並みが残されています。瑞龍寺など歴史を感じることができる場所がいくつもあります。ドラえもんなどいくつも名作を生みだした藤子F不二雄先生の出身地でもあります。古城公園には無料の動物園もあります。

 

 スポンサーリンク

   

 

 

 

 両方の場所で勤務した経験から

 富山県にいたほとんどは富山市で勤務していましたが、2年ほどは高岡市で勤務していました。

 

富山市は新しく生まれ変わっているためか、比較的新しいものを受け入れてくれる傾向があるように感じます。それに比べると高岡市は若干、新しいものは警戒する傾向があるみたいです。なかなか高岡では新店オープンなどでは苦労していました。

 

それと、高岡は商人の街と言われるだけあって、商売をしている僕たちと駆け引きをしてくることが多いです。富山市と比べるとですが、そんな傾向はありました。それと高岡市の人は非常にせっかちですね。これは高岡の人も自分で言っていたので間違いないと思います。せっつかれる機会は圧倒的に高岡市が多かったです。

 

人柄としては、富山市高岡市もすごくフレンドリーです。親切な人が多いですよ。高岡市の方が職人気質なところはあるかもしれませんね。

 

高岡市は道が本当に複雑です。大きな通りから一つ入るとなかなか入り組んでいます。

 

場所によっては対向車が来たら、どうやってすれ違うんだろうと思う道もあります。

 

それから言葉遣いも違います。富山市の方がおっとりした感じです。色んな人と話していると結構違うなと感じます。高岡市の方が関西に近いからですかね?

 

富山市高岡市の距離は車で30分もかからない距離ですが、呉羽山を境に結構違うなと感じます。ちなみに天気も呉羽山を境に違ってたりします。富山市から呉羽山を登った途端、富山市側は晴れていたのに、山を越えると雪が降り出すなんてこともあります。

 

富山県を訪れた際は両方の違いを見つけるのもおもしろいですよ。

 

関連記事

NO IMAGE

10年以上富山県に住んだ経験からおススメする立山黒部周辺の観光

NO IMAGE

10年以上住んだ経験からおススメする富山観光~県内各地編~