【2018年元旦】走ることで得られるものとは? 走るという行為を考えてみた

新年あけましておめでとうございます。

元旦は早朝から公園で走った後、餅つきをしてお正月気分を味わいました。

新年といえば、抱負ですね。

 

今年の抱負は、

走る!!

に決めました。

 

夢に向かって走るという意味もありますが、そのものズバリ、走る!!ということです。

膝の大怪我なんかもあったりして、ここ数年ほとんど走ってないんです。

走れるだけ膝もよくなったということでもありますが、走ることで手に入れたいものがある!

 

走ることが体にいい理由

走ることには、どのような効果があるのでしょうか。

走ることが体にいい理由を、ざっと5つほど挙げてみますね。

 

  • 心肺機能が強化される

走ることで心拍数が上昇し、呼吸が激しくなります。それは、体がよりたくさんの酸素を取り込もうとしているからです。走ることで、心肺機能は強化されていきます。

  • 毛細血管が活性化する

走ることで血流がアップし、毛細血管を増やすこともできます。毛細血管が活性化した体は、すみずみまで酸素が行き渡るようになります。毛細血管の活性化は、健康そして若さの秘訣ともいわれています。

  • 筋肉が維持、強化される

走るという運動は、下半身のみならず体幹、全身の筋肉を使います。筋肉は使えば維持、強化されるので、加齢からくる筋肉の衰えを防ぐことにもなります。

  • 基礎代謝があがる

筋肉が維持、強化されることで、基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がるということは、カロリーを燃やしやすい体になるということで、太りにくい体になるといえます。

  • 骨粗しょう症の予防効果もある

地面からくるリズミカルな着地刺激が、骨芽細胞の働きを活性化します。宇宙飛行士の骨密度が、無重力空間では低下するというのは有名な話ですね。走ることは骨量の減少を防ぎ、骨粗しょう症の予防にもなるわけです。

 

走らない理由・・・ないですよね。

 

でも、別に走らなくてもいい

 矛盾しているようにも聞こえますが、別に走らなくてもいいわけです。

走ることで得られる効果というのは、つまりは有酸素運動の効果なのですから。

走るだけではなく、歩く、泳ぐ、自転車に乗る、けん玉をする・・・ことでもいいわけです。

blog.k-fitla.com

 

有酸素運動といっても、なにも難しく考える必要はありません。

まずは日常生活の中で、楽しみながらできる活動を増やしてみる。

僕の場合は、休日に妻の犬の散歩に同行したり、暇さえあればけん玉をするようにしています。

あとは、買い物に行った時などは、大きな店舗の端から端まで、ぐるぐると何周も歩き回るとか。これは買い物が好きなので仕方ない(笑)

 

そのうえで、走れる人は、走ったほうがいいと思うんです。

ここカリフォルニアは、ビーチや公園、トレイルなど、気持ちよく走ることができる場所には困らない環境なのですから。

 

ランニングシューズを買ってみた

ランニングするには、やっぱりそれ専用のシューズがあったほうがいいと思います。

でも、選び方は人それぞれ。必ず試着してから、という人も多いかもしれませんが、僕はやっぱりアマゾンで買っちゃいます。

このメーカーならこのサイズというのが、ある程度自分で分かっているから!

 

僕は買い物に行くと、面倒くさくてもいろんな服や靴をできるだけたくさん試着するようにしています。

そのフィット感やらなんやらを自分の情報として集めておくと、オンラインで買い物をするときに役立つからなんです。

 

で、買ったシューズは最近お気に入りのReebokのもの。

f:id:fit4life:20170102142645j:plain

 

f:id:fit4life:20170102142629j:plain

履き心地はもちろん、デザインがいいので、テンション上がります!!

 

走ることで、僕が手に入れたいもの

先ほど挙げた5つの肉体的効果はもちろんなのですが、僕が手に入れたいのは精神的なものなんです。

 

格闘技でいうと、ボクサーの練習にはジムで行うジムワークと、ロードワークの2つがあります。ロードワークとは走ることを中心とした路上(野山の場合もあり)でのトレーニングのこと。主に早朝に行われます。

ボクシングに限りません。僕がムエタイの練習をしにタイに行った時も、タイ人は朝からやっぱりロードワークをしていました。

 

このロードワークには足腰、心肺機能の強化という実用的な面と、「自分に負けない」という精神的な面があるように思います。

朝早く起きるとき、もっと寝てたいという「自分に負けない」

きつくなってきたとき、もうこのへんでやめておこうという「自分に負けない」

自分に勝てずに、相手に勝てるか!?ということです。

 

僕はもう格闘家としてリングに立つことはありません。とっくの昔に引退しています。

でも、気持ちまでは引退する必要はないんじゃないか。

いや、むしろ格闘家のハートをずっと持ち続けることに意味があるのではないか。

そんなことを思った2017年でしたので、2018年は走る!!ことからはじめてみようと思っています。

関連記事

NO IMAGE

LA風な有酸素運動

NO IMAGE

【フロートライド】宇宙も認めた!ランニングシューズの革新的技術

NO IMAGE

Kendama-Fit【けん玉フィット】ビギナー編

NO IMAGE

【3つのコツ】筋トレウェアの揃え方

NO IMAGE

けん玉の効果がヤバすぎる! けん玉を買うべき3つの理由