生きててラッキーだったことを教えて②

2回目のラッキーな出来事は、妻も落胆のあまり泣き崩れた人生どん底からの復活劇。
その驚愕の真相をお話しします。
前回の記事はこちら↓

 泣きっ面にハチとはまさしくこのこと。
カンベンしてくれという出来事がまたしても我が身に起こってしまいます。

f:id:tp315:20171211180731j:plain

▶楽しかったバンド生活もついにENDか

30を超えてくると音楽生活にもいろいろ疑問が生じてきました。
何しろ自分も含め、わがままな業界のわがままな人たちです。
やってる仕事もバンドにも”わがまま”が生じてきます。

経済的な待遇などの問題もあります。
このままバンドマンなんて続けていってよいのか、将来に不安を抱え始めたんですね。
業界も低迷し始め、大きなバンドや営業がどんどん自粛されていった時代です。


★それも、稼ぎ時な年末のシーズンだったのでディナーショーやタレント営業が軒並亡くなったのはかなりの痛手でした。
年を開けて暫くしてもその余波は広がる一方。

月のスケジュールが真っ白になっていきます。
来月以降も真っ白。以前なら来月以降のスケジュールなんて真っ白でもなんだかんだ埋まってきちゃうのがこの水商売業界の習わしでしたが。

今回はどうやら業界も崩壊状況のようです。
それは未だにひきづってますね。あの当時のバブリーな景気の良さは完全に影を潜めました。

当然、仲間も関係者もギスギスした雰囲気です。
ラッパ吹いてても生活できません。将来も思いっきり不安です。

f:id:tp315:20171211180937j:plain

▶バイトするしかない

ついにこの時がやってきたかぁ、って感じ。
しかし、どの楽器もそうでしょうがたまに仕事が入ってきてもコンディションがついていかない。
ラッパは毎日トレーニング、もしくは仕事で吹いてようやくコンディションが維持できるものなのです。

演奏にミソつけたら二度と仕事が来ません。悪評もまたたくまに広がります。
ただでさえ皆必死なんですから。仕事も取り合い合戦です。

正に悪循環。

モチベーションもすっかりなくなりました。
この業界もとことん嫌になった私は完全に見切りをつけます。
決断は早い方です、昔から。(失敗ばかりですが・・)

▶ラッパ吹き廃業するだ!

赤帽の配達バイトしながらしっかり働ける正社員の仕事を見つけました。
こうなったらバンドマン以上に稼げる将来性のある社員の仕事しか眼中ありませんでした。

★もう未練はありません。
ミュージシャンやってた頃への執着心すらありませんでした。
思えばバカばっかりやってたなぁ、なんて思いだすことはあります。
でも、今まで以上にもっと楽しく優雅に暮らしてやるんだ!

 そういう悔しさをバネに燃えていました。
そして、とある運送会社のセールスドライバーに内定したのです。
当時は基本給だけで50万近くありました。
今では考えられないけど当時はまだ景気が良かったんですよね。

★キツイいのは覚悟の上です。
そのために赤帽で鍛えて準備したんです^^
(そういえば当時はブラック会社なんて言葉はなかったですね)

募集広告ではフェラーリの横で「入社1年で購入しました♪」なんて若造がほざいてる図を見て、車が大好きな私は良し!『俺も買ってやるぞ!!』なんて誓ったものです。

一次、二次面接も通りあとは入社前の健康診断を1週間後に残すだけです。
正社員の将来有望な仕事にありつけウハウハでしたo(*^▽^*)o~♪
これからカタギの仕事で頑張るんだ!
そう肝に銘じ、決意も新たに武者震いなんかして喜んでました。

f:id:tp315:20171211191059j:plain

ところが・・・

▶大変なことがこの体に起こってしまった!!

それは、なぜか不吉な予感・予兆のする朝から始まりました。
朝目は覚めると東京はウン十年ぶりかの大雪で一面真っ白です。
外へ出ると吹雪いています。まるで行く手を阻むかのように。

こんな晴れの記念すべき日に大雪かよ・・・( ̄´口` ̄)ノ ちっ
長靴でも歩くのがやっとなぐらい雪が積もっています。北国かっ!
電車の遅れも考慮し早めに健康診断の会場に向かいました。

f:id:tp315:20171211191338j:plain

今回の新入社員は50名を超える大所帯。多いですよね。
うざった~い(´-`) 
とにかく入社前の最後のイベント。これさえ終えれば一段落だ。
身長、体重、血液採取、~…一通りの検査を済ましレントゲンも撮り終えて最後に医師の問診。

その時です事件が起こったのは。

レントゲン画像見ながら医師は暫く黙って腕組みをしてる。
何か考え込んでいる様子? 長~い沈黙・・・なんか言ってよ
そしておもむろに口を開き出た言葉が

結核ですね( ̄- ̄)肺結核、それも結構大きいですね。

・・・・・

はぁ??w( ̄△ ̄;)w  ???

一瞬何を言われたのかも理解できない。
医師は続ける。「ここね、ここの白いところ。この部分が・・・」


後半は頭がボケボケしてきて何言ってるんだか、よくわかりませんでしたが「大学病院などで精密な要再検査」という結果。


もちろんその診断書再提出まで入社は保留となりました。
当然、診断結果がやはり結核ということであれば入社は取り消しです。

帰宅して少し落ち着きたところで冷静に考えてみた。
これは何かの間違いに違いない。
何故、今どきこの世の中で俺が結核に??

・タバコも吸うが、ラッパも吹く。
・肺は人並み以上に鍛えられているハズ。
・それに、いつ、どこで結核菌なんかに感染したのか、まるで覚えがない。

これはやはり何かの間違いだ、誤診に違いない!

f:id:tp315:20171211191732j:plain

翌日、地元の行きつけの診療所へ。
結果は結核

翌々日、大きな大学病院へ診察に。
結果は結核

翌々翌日、念のため別の医療機関へ。
結果は結核
それも即刻入院!隔離処置しないと!!
だってさ( ̄□||||!!

あの四文字熟語が走馬灯のように頭をクルクルと・・

万 事 休 す

▶中野の結核専門病院へ入院

取り急ぎ、妻も診断。結核菌はなかった。良かった・・
予断許さず入院治療が始まった。

あの時はお先真っ暗。今後どうしようかと路頭に迷ったようだった。
と、妻からよく話を聞かされていました。

だよねー。
奈落の底に突き落とされたとはこのこと。
前途洋々と張り切っていたのがあの日結核です」の一言でひっくり返ってしまった。

・ラッパもダメ。
・かたぎ仕事もダメ。

★2か月間、毎日病室は楽しかったが(なんか雰囲気が良かったんです)これからどうやって食っていこう。
そればかり考えてました。

妻にも申し訳ない。2か月間一人で相当落ち込んだようだから。

入院中、気晴らしにいろいろ読書もしました。
お金ないから、院内の本棚にある雑誌や書物を片っ端から読む。
車が好きなので外車の雑誌をよく見てた。

★当時はベーシストの友人から譲り受けたマスタングというアメ車に乗ってました。
とても古い車種でちょいボロでしたが豪快なトルクでブイブイ走る!普通にキャッキャッとホイルスピンするのがお気に入り。

このマスタングもローン中で二束三文だが売らにゃあかん状況。
しかもローン総額が70万ぐらいなので手元にいくらか残るのかな?

f:id:tp315:20171211194915j:plain

なんて考えながら、のんきに輸入車の雑誌見てた。
すると興味を引くあるカッコいいスポーツカーが目を引く。
こんなのとかフェラーリとか乗れるハズだったのに。今となっては夢のまた夢だなぁ。

★こんな何百万円もするモノは今の俺には所詮夢。ユメ。
そんなことより退院してから職探ししないと。

f:id:tp315:20171211192024j:plain

退院したがなんか自暴自棄な気分。
モチベーション落とした、なんて言ってる場合じゃないけど何かイマイチ職探しも前向きになれない日々が続いていた。

そんなときだった

▶ある一本の電話が人生を変えた

実は音楽関係の事務所や仲間、先輩から何度か電話が以前より入ってたんです。
そのたびに丁重に、けんもほろろにお断りしていた。
「もう楽器は辞めたんですよ、ほか当たってください」と。

★しかし、1件だけしつこくかかって来る電話があった。
それは大先輩で奏者としてもコンポーザーとしても有名なK氏(現在も活躍中です)
その相手を失礼にも、しつこいからガチャって電話切ってた。
さすがに性格悪いと評判の俺。

そしてまたかかってきた。。

しつけーなー(`ε´)チッと思い、直ぐ電話切ろうとするとK氏が叫んだんです。
「ちょっとまって!切らないで、話だけでも聞いて、ギャラなんだけどさぁ・・・」

そのギャラの額と条件聞いた途端、固まったわたし。

さすが凡人以下、ゲス男です。

仕事内容は、西の地方に開園する某テーマパークのオープニング&常駐バンドの仕事。
人生初のテーマパークバンドの仕事です。
妻と相談し翌日かけ直すことを約束しました。そして翌日には実際にこの仕事の契約をしてしまったんだなバカ!

f:id:tp315:20171211192359j:plain

ゲス男を決断させたポイント

1)人生初の月給制ミュージシャン!月の固定報酬+リハーサル料+別途イベント料
ミュージシャンは基本フリー報酬なのでサラリーマンのように月給が保証されるのが嬉しくてjё_ёjj エヘ♪ウレシクテ。とりあえず3年契約を締結。

2)入院中見てた外車が購入できる!
寮があったけど別途マンション借りて、車のローンに10万、今までしてなかった親への仕送り、生活費を抜いても結構な貯蓄ができる試算。

3)海あり、山あり、大好きなドライブが満喫でき美味しいものが沢山で安い!

 

と、いうふうにあれだけ決断してたのにチャッカリと演奏家に戻ってしまったボク。
あまりにも、突然辛い環境に落ち込んだので、ついつい美味しい方へ気持ちが動いてしまった凡人の中の凡人です。
水商売に保証なんて無いのは解ってるくせにね。

▶ま・と・め

 以上が2回目のラッキーな出来事でした。
★★仕事も希望も失い、入院中に見ていた雑誌の高級車がまさか翌月に手に入ってるなんて!?★★

という夢のような話です。しかし、
あとまだあと2つこんなラッキーな話があります。

ということは、人生八方ふさがりな出来事がまだ2つもこのあとあるんですよ!

”人生山あり谷あり”とかよく言ったもんだ。
私は”人生山あり山あり”とかホザイてたんですけどね、いつもw

読んでてなんだか腹立つ~!って思った人たち。大丈夫です。

ざま~みろっ!!(o ̄∇ ̄o)ばか

なんて局面がた~くさん、てんこ盛りなドキュメントなので。

 

次回、第3回目のラッキーな出来事は身の毛もよだつ、思わずゲ~してしまうような転落からの復活劇。泣いてた妻もいなくなった? 離婚???

と言うウソの様なホントのはなし。
もちろん今回同様全く盛ってないガチばなしです!

 

f:id:tp315:20171211192754j:plain

 

関連記事

生きててラッキーだったことを教えて③-(4)

NO IMAGE

生きててラッキーだったことを教えて③-(1)

NO IMAGE

生きててラッキーだったことを教えて

生きててラッキーだったことを教えて「現在の私」

生きててラッキーだったことを教えて③-(2)

生きててラッキーだったことを教えて③-(3)