生きててラッキーだったことを教えて

何か困ったことがあれば誰かが、何かが必ず助けてくれる。
お金が無くてにっちもさっちもいかなくなった、困った~
と沈んでいたら突然あぶく銭が湧いてきた。

なんて経験がありましたか?もしあったら、いくつありましたか?

f:id:tp315:20171210155328j:plain

世の中お金が全てじゃないけれど

困った時の神頼みじゃないけど、このようなことが起きたら嬉しいに決まってます。
そして2度あれば3度目もきっとある!
そんな風に期待しちゃいますよね^^

自分の場合も4回ありました。今のところ。
不思議と言えば不思議な体験なので書きながら分析もしていこうと思います。
なんだ~、そんなの誰だってあるわ!なんて、結局はたわいもない事だったりするかもしれませんので。あしからずm(_ _;)m

ところで、最も困る出来事と言えは経済的なコト、やはり”お金”ではないでしょうか。
もちろん全てではありませんが、大概の困りごとはお金で解決できます。
どんなに愛情があってもお金が無ければ暮らせません。生きていけません。
病気になっても治療もできません。

私に起こった幸運な出来事もやはり簡単に言えば「経済的なこと=お金」の話になります。

f:id:tp315:20171210155513j:plain

八方ふさがり人生一つ目

★それは高校を卒業した時のことです。私は高卒です。
頭が悪く、落ちこぼれで高校は機械科の繰り上げクラスにしか入学できませんでしたが夢はありました。

中学生のころからトランペットにあこがれていました。
しかし、高校にはブラバンはありません。
貧乏だったので楽器も持っていませんでした。

当時高校ではたまたま以前あった吹奏楽を復活することなりましたが、人が集まらず10人ほどのチンドン屋みたいなバンドになってしまったのです。
経験者は一人だけ、顧問の音楽教師がトロンボーンを吹き、参加してくれましたが未経験者ばかりの素人集団だったのでまともな演奏ができません。

f:id:tp315:20171210155731j:plain

遅すぎた?夢

私も高校からトランペットを始めたので世間的には遅いですよね。
しかも誰一人教えてくれる方もいません。
見よう見まね自己流で変な奏法でちっともうまくならず高校生活3年が過ぎました。

進学の道は私にはありませんでしたので就職を選ぶしかありません。
でも本当の私の希望は音大に通い将来はプロになることでした。

身の程知らずも甚だしいですよね。x・)ぷっ

だって

・お金はない(音大なんて卒業までに何千万かかるか)

・ピアノなんか触ったことない(実技試験があります)

・肝心かなめのトランペットがへたくそ。楽器も持っていない。

・頭悪いからつぶしがきかない、特技・得意専門分野もない。

ラッキーの神が舞い降りた?

f:id:tp315:20171210160255j:plain

もう、街の工場で働くしか道はなく、内定も決まりかけていました。
一緒に工場見学に行った同級生は「工場長にとてもよくしてもらったから、ここに就職するよ」と決断しました。たくさん美味しいものごちそうになり良い方でしたからね。。

 

でも、正直私はどうしてもいやだったんですよねぇ~・・
そして、この期に及んでまだ諦めていませんでした。(バカか!)
なぜかというと、


一つだけ、たったひとつだけ
私の夢をかなえる道があったんです!

大好きなトランペットを吹きながらちゃんと生活できるだけのお金も貰える。
言ってみればプロの世界。
そんな理想の職場を見つけてしまったのです!

そして、意を決して学科と実技試験を受け入隊が決まりました。
そう陸上自衛隊音楽隊”に。

無謀ですか?
当時は今と違い、いくらか(だいぶかな)門は開かれていました。
今だったら確実に無理でした。必ず落ちてます。

つまりラッキーでした。

というのも、その後5年で自衛隊音楽隊を退職してからもプロとしてテレビ、スタジオ、レコーディング、タレントバック、劇場など長期に渡り演奏して生活していけたからです。幸せでした。
諦めなければ本当に夢はかなうんだなぁ、と思いました。

f:id:tp315:20171210160635j:plain

起死回生物語はあと3つ

以上が1つ目のラッキーな出来事になります。
あと、まだあと3つあります。
ということは、人生八方ふさがりな出来事がまだ3つもこのあとあるんですよ!

今でこそ振り返ればの話です。
一つ一つが直面しているときは真剣そのものですので勿論余裕など全くありませんでした。
そんな風に事が進む、解決するとは夢にも思っていないですからねw( ̄△ ̄;)w
その時は。

そんなギャンブル人生みたいなことを繰り返したせいで癌と科になっちゃったのかもしれませんね。

f:id:tp315:20171210160848j:plain

次回の話はもっとエキサイティングです。
2回目のラッキーな出来事は、妻も泣いた人生どん底からの復活劇。
完全完璧なまでの八方塞がり状態から1ヶ月またずして高級外車を新車で購入するまでに至った驚異の出来事。
(※借金とか、いんちき起業家、なんちゃってアフィリエイターの話ではありません。ガチです!)↓↓

 


  <前回の記事>

tp315.hatenablog.com

 

関連記事

生きててラッキーだったことを教えて「現在の私」

生きててラッキーだったことを教えて③-(4)

生きててラッキーだったことを教えて③-(2)

掟(おきて)と社会的制裁

NO IMAGE

生きててラッキーだったことを教えて②

NO IMAGE

生きててラッキーだったことを教えて③-(1)