心が病んだ4回目の膵炎の話

2年で膵炎4回目、入院5回目、すっかりベテランです。2017年11月27日(月)再入院で12月2日(土)に退院。今回も膵管を拡げる処置はできず。でもめちゃくちゃプッシュしてくれているようで今月中には、とのこと。

コレで、仕事は休職になりました。。さすがに働かせられないですよね、会社も。早退して病院に向かった先週の月曜日11月27日の顔色やばかったと、あとでお見舞いに来た同僚みんなに言われました。年明けから繁忙期なのに、バルーンが終わっても落ち着くまでは休むようにと、なんならインフルとかも流行るし春まで休んでいいと言われましたが、1月中か2月には復帰すると伝えました。結局のところ、無理に休ませないとあかんっていう判断っぽい。

なんだか、働く母たるもの、無理してあたりまえというのがどこかにあるというか。例えば子供の夜泣きで全然眠れなかったけど翌日は普通に仕事だとか、ご飯なんて自分は立ったまま流し込むように食べてるだとか、自分が発熱したら解熱剤で38度まで下げてお迎えに行くとか(主婦だったら39度だろうが家で面倒見なきゃだし)、どんなに痛かろうがだるかろうが、抱っこもするし、ご飯も食べさせるし、お風呂も入れる。まして仕事があれば、多少痛かろうが、食事抜いてでも仕事するし、ご飯が食べられなければお粥でしのぐ。そんなのあたりまえすぎて、みんながやってるのに、なんであたしだけできないんだろうと。

最初の退院後に、散々むりしないよう上司から言われたけど、結局、また入院になってしまって、これはもう無理に休ませましょうって判断。定年まであと30年もあるんだから、ここはゆっくり休みましょうと諭されました。苦笑。いい上司。復帰後もまずは週3くらいで様子見ようとか、うまいバランスを見つけましょうと。まだ第二子をあきらめてなくて、仮に無事産めたら保育園問題がでるから正社員でいたいことも伝えられてよかったです。


しかし、10月から体調良かったのに、ここへきてなんでなんでこんなに弱ってんだろっ。

もしかして流産後ちゃんと休まなかったから?とか →ここでしっかり休めば元気になる?
オペ後あんまり歩かなかったから?とか →いまさら関係ない?
本厄なのにお払いしなかったから?! →今からでも間に合う?
11月遊びすぎた? →ディズニーランド、上野動物園(年パスなので散歩程度)、入院からの七五三、みなとみらい&中華街散策と家具購入。で再入院。11月は体調うんぬんより出費がやばいな。


それとももう限界まで膵管が狭窄?だとしてもなぜ突然?
今回の退院は、いつもみたいに数値がすべてOKになっていない中での退院(尿アミラーゼが1000で入院時より高い)で、先生も迷った末にOKもらったんだが、食後会計してたら微妙に腹痛来てて、あれ~~~と。で、病院と家での行動何が違うか考えたら、食後に動くかどうかな気がして。家だと片づけだとか子供の世話だとかで動くけど、病院では食後ゴロゴロ。なので今回それを徹底。あと食後3時間後に痛くなったらひたすら動かないで横になる。食事はもちろん病院食を参考に脂質は取らないように。これでとりあえず、退院5日目の今日までは大きな痛みはなく過ごせてます。


2017年11月27日(月)入院1日目
朝食後から軽い胃痛みたいなみぞおち痛。出社しても集中できず、カロナール2錠。ランチタイム持ってきたお弁当は食べず、こっそり会社前の内科へ。このままよくなるか悪化するかはわからないし、退院したてだし、採血結果もすぐにでないし、入院していた病院に行くよう諭される(悪あがき。苦笑)。カロナール飲んでもさほど変わらないので、病院に電話。翌日が主治医の外来があるので翌日来いと言われたが、痛いので行くと言って知らない先生の外来へ15時ごろ。問診後、レントゲンと採血しとくか、と。採血して待つこと40分くらい?看護婦さんが来て「さっきより痛くなってる?」と聞いてきたので、あー絶対悪い予感…がして診察室へ。すでに外来の看護婦さんが外科に入院の電話してる…。「(アミラーゼ)前回と同じ2000くらいあるわ」がーーーーん。またすぐ下がると思うんですけど…。「膵液は怖いからねぇ」と担当の先生に電話してすぐ現れる。「入院させるでしょ?本人は嫌がってるけど」絶望の顔で椅子に座っている私。で、その対応してくれた先生はいなくなり、担当の先生が「あれ早くやんなきゃだめだな…」と憐み、そこまで痛くない私は「一旦帰ります」。外来の看護婦さんから入院手続きをするように言われ、リストバンドをして悲しみに暮れながら外科病棟へ。私服の普通の私が「入院になりました…」というと「おかえりなさぁい。」とにこやかに迎えられました。部屋に通され、夜景を写メしたりしているうちに泣けてきて、婦長さんがくるとポロポロしてしまいました。そしてタクシーで帰宅。タクシー内で親と旦那に電話。最寄り駅でおろしてもらい、雑誌といい匂いのお茶を買って、娘のお迎え18時40分。保育園の先生にリストバンドが見つかって、また今日から入院になりましたと伝え、自転車で娘と自宅へ。娘は保育園で捕食を食べてきたが、旦那のご飯の用意をしていなかったので、お惣菜購入を依頼。ついでに漫画のレンタルも依頼。おなかは徐々に痛くなってくるが娘とお風呂に入り、入院準備をしてまたタクシーで病院へ。ぎりぎり消灯時間。すぐに点滴をつないでもらって痛み止めも入れてもらって、就寝。娘、病院行かないでとは言うけれど、また帰ってくることもわかっているようで、普通にバイバイしてくれました。


2017年11月28日(火)入院2日目
朝採血と尿検査。もちろんご飯はなし。アミラーゼ1200で大して下がらず、一抹の不安を覚える。が、たいして痛くない。痛み止めも不要。前の日結構寝たけど、この日も一日眠くてボケボケ。やっぱり体調悪かったのか、とか今更思う。部屋を移動した。前と同じ場所。担当の先生に「いつも同じですね。指定してるの?」と聞かれたけど、してない。気に入ってるけど、まるでここの主のよう…。シャワーも入った。外科って回転早すぎて、前の入院で見かけた人は誰もいない。同室の二人は翌日手術のようで手術の説明に来る。聞くたびに思い出してドキドキする。


2017年11月29日(水)入院3日目
採血なし。ご飯もなし。痛みもなく、暇。持ってきた漫画5冊を読み終える。みんなに連絡したりする。前日の役員会でも報告があったようで、会社の人からも連絡が入る。すぐに再入院なんてすごい重症と思われてそうだがいたって元気。この日は祖母の法事だったらしく(知らされもしない)16時ごろ両親が来る。親ってなんで何度説明してもわからないんのかなぞなんだが、膵管を拡げる説明を何度もする。娘を迎えに保育園へ行ってもらう。漫画も持って帰ってもらう。娘はまたしても両親と一緒に実家へ。


2017年11月30日(木)入院4日目
採血&尿検査あり。昼からご飯開始だからきっと正常値。液体かと思いきやいきなり5分粥スタート!いいじゃなぁい!幼稚園からの幼馴染がお見舞いに来る。妊婦さんなのであやかれますように※まだあきらめませんっ。ぺちゃくちゃしゃべってバイバイ。談話室だけど笑い声が大きすぎて注意されました。苦笑 この日の夜で点滴が終了!すっきり。でも、ホント帰りたくなってきて…。心が折れるというか、消灯後がきつい。もやもやあれこれ考えて、、なんか一人で寝るのもうやだーーーーみたいな。笑 早く子供に抱き着いて寝たい。今回の入院、痛くないからメンタルのほうがしんどかったです。切迫とかで何か月も入院してる妊婦さんなんかはホントきついだろうなぁぁと、またちょっと人の気持ちがわかるようになってよかったです。

f:id:immatureflower:20171206135806j:plain
お粥と麻婆豆腐。蒸しパンも家でもできそう

2017年12月1日(金)入院5日目
朝パンを焼きにいく。うれしい。術後2年のスクリーニングCTが午後のための昼抜きで待つ。14時ごろCTが終わって戻ると、会社の仲良しだけど偉い人たちが来てくれる。談話室に遅めの昼食を運んで食べながら経緯を説明、実は膵炎4回目なこととか、バルーンすれば治るはずとか。一通り話せば話題は会社の人たちの話で、もう大爆笑、ホント大爆笑。最高に楽しい時間でした。入れ替わりで同じ部署の上司やら同僚やらが来てくれる。前述のとおり休みを説得され、仕事の引継ぎにメモを書いておいたけど、おおむね把握されているようで、もう戦力としては完全にノーカウントなもよう。ありがたいような切ないような。人がいないのもわかっているので、ただひたすら申し訳ない気分でいっぱいに。あとでLINEで会社の前の内科にこっそり行くのはやめてくださいって来た。笑 もうしっかり休んで、人と同じもの食べられるようになって、ちゃんと復帰しますー。夜実家に電話。娘が自分で髪の毛を切ってしまったと。。。七五三やっといてよかったぁ!消灯後だけどコウノトリ見ようと待ってたけど、この日はたくさん人が来て疲れたのか眠くて22時まで待てず就寝。朝までぐっすり。


2017年12月2日(土)入院6日目
朝採血&尿検査。術後2年のスクリーニング胃カメラを入れてあったので、朝食抜きで待つがだんだん緊張してくる。9時過ぎに呼ばれて看護婦さんの付き添いで行く。もう緊張でい持ち悪いわ。胃の泡をなくす飲み薬を飲む。1年前こんなんあったっけ?で検査室の前で待っていると主治医。「本当はおなか痛くなってない?」と。違和感レベルで痛くはないと答えるも、尿アミラーゼが高いと(昨日昼食と夕食の間があんまりあかず、食べ過ぎ?ゴロゴロしてなかったから?)。考える主治医「子供いるいしなぁ…」と。そんな会話の後の胃カメラだったので、緊張が吹っ飛んで退院できない不安に変わり、よくわからないうちにのどの麻酔をされて鎮静剤を打たれた。ぼけーーっとねむーーいけど、主治医じゃなくて担当医がやってて、なんかしゃべってるのはわかった。終わってから「あたし起きてた…」ぼそっと言って「次のやつは眠れますよね?」と聞いたら「がっつり眠る」と言ってもらって安心して車いすでベッドへ戻る。30分は寝ててくれとのことで寝てたら、薬剤師さんが薬の説明に来る。とんぷくで痛み止めがいくつか出された。30分経って食べてなかった朝食を食べていたら主治医が来て、痛くなったらさっき出された薬を飲み、それでも痛かったら病院に来るように言われた。その後担当医も来て、おしっこのアミラーゼが高い?と聞いたら、入院時より高いと。えーーーと思いつつ、まぁいいやと退院準備。で会計してたら、微妙に痛い。食後動いちゃいかんな、と。で、タクシーで帰宅。家に着いたら娘が実家に来いというので、ちょっとのんびりしてすぐに東京駅へ。夫と二人で新幹線とか東京駅歩くとか、ゆっくりスタバを購入するとか久々すぎて新鮮!!スタバは牛乳は低脂肪、ショットは少なめにしてもいます。実家に到着して娘とハグ。髪は残念ながら一部がえらい短くなっており、顔についた黒いペンも落ちておらずでしたが、元気元気。実家では夕飯におでんとうどんを食べて、久々に娘と一緒に眠りました。

4回目膵炎入院おしまい

次はきっとバルーン入院だ、バルーーーン。

f:id:immatureflower:20171206135606j:plain
※1か月前にディズニーランドで買ったバルーン

せっかくのお休みだからいろいろTODOこなさねば!

関連記事

NO IMAGE

2回目膵炎から1ヶ月後の体調はなんとか元気ってところです

NO IMAGE

3回目膵炎退院からの七五三と4回目膵炎入院

NO IMAGE

術後4~5日目(入院6~7日目)快適病院暮らしで逆ホームシック

NO IMAGE

仕事復帰して、転院して、本日バルーンERCP再挑戦

NO IMAGE

術後1年8ヶ月。2回目膵炎退院後の生活と主治医受診

NO IMAGE

術後3日目(入院5日目)~退院日決定と病院食で胃もたれ・・