在宅フリーランスになってから本を読むようにしている

f:id:namake-mono:20171211143128j:plain

会社員だった頃は本を読む習慣が全くありませんでした。一年間で数冊読めばいい方。今思えば、通勤時に読むことだってできたはずなのに、いつもなんだか疲れていて、電車の中ではスマホをいじるか寝てました。

フリーランスになってからは、自由な時間が増えたことで本をたくさん読むようになりました。普段からあまり人と会わなくなってしまった為、情報収集という目的もあり、家の近くの図書館に通うようにも。最近では、図書館、書店、古本屋とかにしょっちゅ行ってます。

週に数回は図書館へ

休日の図書館は結構混み合っているものの、平日の昼間(特に午前中)であれば、割と空いてます。私は、フリーランスの強みである自由な働き方を活かして、週に数回、午前中に図書館に行くようにしています。

新聞や雑誌を読んだりするのはもちろん、図書館内をぶらぶらしてみたりするだけでも、こんな本があるのか!と視野を広げてくれます。執筆系の仕事をする時は社会人席を利用したりもしています。

本は買って読むべきという意見もありますが、私みたいにそもそも本を読む習慣が無かった人はまずは図書館で借りて読む、から始めてみるのも全然アリだと思ってます。読みたい!という本があれば、とりあえず図書館のHPで予約。予約が殺到している本や図書館で借りて読んだけど手元に置いておきたいと思えるような良い本は購入するようにしてます。

ちなみに、「図書館「超」活用術 最高の「知的空間」で、本物の思考力を身につける」という本は、司書の資格も持つ著者が図書館の活用法についていろいろと紹介してます。ご参考まで。

月1、2回は古本屋へ

月1、2くらいで古本屋にも行くようにしています。普段あまり読まないジャンルの本を安く手に入れて読んでみたり、図書館で予約が殺到していて借りられない本や以前から読んでみたいと思っていけど購入する程では無いかなーって本がたまたま定価の半額で売っているのを見つけて買ってみたり。

意外と面白い本との出会いがあったりして楽しいです。あとは、新品に近い本が結構たくさん売っていたりするので、お財布的にも嬉しいです。写真はつい先日半額で手に入れた本たち。左の2冊はほぼ新品です。

f:id:namake-mono:20171206141253j:image

週に数回は書店をパトロール

毎週数回は書店にも寄るようにしてます。普段よく行く自宅近くの書店だけでなく、打ち合わせなどで外出した際は、取引先の最寄り駅付近の書店にも立ち寄ると時間潰しなります。

また、本のレイアウトの仕方が違うし、特設コーナーは書店によって様々なので、新たな発見があってとても面白いです。中でも、東京駅前の丸善は何時間でもいられるような本屋さんなのでオススメです!

意識変えるきっかけになった本 

最後に、、、私が読書に対する考えや意識が変わるきっかけとなった本をちょっとご紹介。

齋藤孝さんの「読書のチカラ」という本には、様々な本を紹介しながら読書をすることのメリットや楽しむためのコツなどがいろいろと書かれています。

人生を豊かにするためには幅広く様々な良い本を読むことが大切。今まであまり本を読んで来なかった私は、この本を読んで「もっと本を読みたい!」って強く思うようになりました。文庫本なので、さらっと読めちゃいますよ。

それでは、また!

関連記事

NO IMAGE

「君たちはどう生きるか」がヤバイ普通にいい本だ

NO IMAGE

『君の膵臓をたべたい』(住野よる)を読んだネタバレ感想~ファンシーでメロウなスイ...

NO IMAGE

手のツボで体調改善できるらしい?肩こりも治るのかしら?

NO IMAGE

アウトローな坊さんが弱者を救う『江戸の悪霊祓い師』

雑誌は購入せず、雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」を活用

NO IMAGE

愛なきパクり記事を許すな!『ネットは基本、クソメディア』