読みたいけど時間が無い人におすすめ!本の要約サービス「flier」が便利

f:id:namake-mono:20171219143106j:plain

本は色々読みたいと思っているけど、なかなかまとまった読書の時間が取れない。書店には本がたくさんあり過ぎてどれを買って読めばいいかわからない。しかも、ビジネス書とかだと一冊1,500円くらい、中には2,500円くらいの本もあったりで、何冊も買っているとお財布的にちょっと…。

この記事では、最近私がよく活用している本の要約サービス flier(フライヤー) のご紹介をしたいと思います。

「flier」って何?

flier(フライヤー)は、本の要約サービスです。厳選された話題のビジネス書や教養書を10分程度読めるように要約されています。スキマ時間を利用して読めるので、本を色々と読みたいとは思っているけど、時間がなかなか取れない、そんな忙しい人にピッタリです。

 → 本の要約サイト flier(フライヤー)

「flier」のこんな所が良い

厳選された本の要約が読める

書店に行くとたくさん本が並んでいて、どれを読んだらいいか迷うことって結構あると思います。flier では、数多くある話題の書籍や名著の中から、著名人や専門家がビジネスパーソンがいま読むべき本」をピックアップして、要約されているので、迷わなくなります。

プロによる高い品質の要約が読める

flier では、こだわりの高い品質の要約が読めます。要約は、経営コンサルタントや各分野の専門家が本を一冊一冊精読してから、作成しているので、安心して読めます。

ちょっとしたスキマ時間に読める

要約は1冊10分程度で読めるようになっている上に、PC、スマホタブレット端末で読めるので、通勤時間や休憩、ちょっとした待ち時間などに読めちゃいます。

「flier」には無料と有料コンテンツがある

flier には、3つのプランがあります。

  • 無料
  • 有料(シルバー)月額500円(税抜)
  • 有料(ゴールド)月額2,000円(税抜)

閲覧可能数は、

  • 無料  →  20冊(毎月1~2冊程度の入れ替えあり)
  • 有料(シルバー) → 無料コンテンツ20冊+有料コンテンツから5冊まで
  • 有料(ゴールド) → 無制限

有料コンテンツは、毎月30冊前後のオススメ書籍が追加されています。

「flier」を使った感想

私は現在無料サービスの方を使ってますが、近々シルバープランにアップグレードしようかなって思ってます。書店で気になった本を全て読むのは厳しいけど、flier で要約を読むだけでも視野が広がるし、普段自分だったら買って読むことの無いような本の要約も読めて良いです。

読むのが遅いので、全然1冊10分では読み終わらなかったけど、要約はとてもわかりやすく書かれています。要約を読んでから、更に読みたい!!ってなった本は買うようにしてます。

個人的にはシチュエーションや知りたいことに合わせたおすすめ本がまとめて紹介されている「flierがおすすめする要約」がなにかと便利なので活用してます。例えば、

  • 「人生100年時代を生きる人のための健康寿命をのばす5冊」
  • 「心が折れそうになったときに読みたい本5選」
  • 「絶対はずせないプレゼンの前に読んでおきたい本 5選」

他の本の要約サービス

flier 以外に、bookvinegar(ブックビネガー)というビジネス書の書評・要約まとめサイトもたまに利用しています。

こちらは完全無料で利用できるサービスで、主要なメディアに取り上げられたビジネス書のみを紹介するサイトです。本の要約自体は flier と比べると質は落ちるというか、だいぶ簡単に書かれている感じではあるものの、独自のサービスもあります。

例えば、本の読書時間の目安がわかったり、対象読者、身につくスキルなどが記載されています。「書籍概要」では、どんな本なのか簡単にまとめられています(超短要約)。他にも、本を推薦しているメディアや人物の紹介や、本の章の構成とそれぞれの目安時間、重要度などが書かれています。(これらはアプリでは見られませんが、PC版では見ることができます)。

今日は本の要約サービスについてご紹介してきました。
それでは、また!

関連記事

1年の終わりに、マリアのレシピを

NO IMAGE

親が60代以上であれば読んでおくべき本

NO IMAGE

手のツボで体調改善できるらしい?肩こりも治るのかしら?

NO IMAGE

『君の膵臓をたべたい』(住野よる)を読んだネタバレ感想~ファンシーでメロウなスイ...

NO IMAGE

もっと今を大事に生きるために、モノを捨てる!【1週間で8割捨てる技術】

NO IMAGE

【感想】成宮アイコ『あなたとわたしのドキュメンタリー』