10年以上も前にママサンタは卒業しました

f:id:kurumipan3:20171225134239j:plain

MerryX'mas🎄

私にとってクリスマスと言えば

プレゼント

ケーキ

チキン

ツリー

サンタクロース

が定番ですが、あまり全力でイベントと向き合ったことはないので、クリスマスツリーを飾ったり、ちょっとしたご馳走を作ったり、子供が幼い頃は『サンタさんからのプレゼント』くらいは用意していました。

 

と言うのも、子供はある程度の年齢になるとサンタの存在を疑います。

めっちゃ疑われてました。

疑われたときに「サンタなんて居ないよ」と認めてしまってもいいのですが、疑われると意地でも認めたくなくなる。

なぜなら毎年プレゼントに喜ぶ顔があまりにも可愛かったので、その顔を見れなくなるのが淋しかったのと、簡単に見破られた感じが嫌だったから。

ただの親のわがままですよね~。

 

うすうす疑われてもどうにか知らんぷりしてきたのですが、ある年「サンタさんに何をお願いした?」と聞くと「今年はもうサンタさんにお願いしたから教えない」と予想もしていなかった返しをしてきたのです。

これには参りました。

親より賢くなってました。

その年までどうにか誤魔化したけど、翌年はもう誤魔化しきれませんでした。

兄が知れば妹もそのうち知ることとなり、毎年夜中にそっと枕元にプレゼントを置くという習慣もなくなり手渡しになったけど、手渡しの方が楽だなと思っちゃいました(笑)

で、我が家のママサンタは卒業しました。

しかし娘の友達で、高校を卒業してもサンタクロースの存在を信じてる子がいて、そんなピュアで可愛い子もいるんだな~と驚きました。

 

スポンサーリンク
 

サンタクロースの正体はママサンタだったり、パパサンタだったりと人それぞれでしょうが、『恋人がサンタクロース』という歌のようにロマンティックだとクリスマスも楽しかったのかなと、ふと過去を思い出してみたけど、彼氏がいたにもかかわらずそんな甘い思い出は浮かんで来なかったよ~。

まあ、そんなもんですよ。

 

今さらロマンティックなことは特に求めてもないので、子供たちが結婚して孫が産まれたとしたら、ばぁばサンタとして復活し孫たちへの奉仕活動に励もうと思っています。

お金に余裕があればの話ですけど。

それまでは活躍できないのでお休みです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました☺︎

 

今日の1枚

f:id:kurumipan3:20171225130056p:image

 寝たフリしてからのちら見。

今日も猫と大掃除をしております。

関連記事

NO IMAGE

学校はすごい!~著作権について学ぶ~

NO IMAGE

他人の体臭が自分の体にうつらないようにする方法ってないのだろうか?

NO IMAGE

青森のお土産におすすめな『シードル』を教えるよ!プレゼントに最適!

NO IMAGE

病気なんだから

NO IMAGE

きつねの親不知

NO IMAGE

「山瀬理恵子」について