バックホウのボディとクローラーの間に挟まれる圧倒的恐怖感

昨夜。バックホウのボディとクローラーの間に身体を挟まれた。

「ガガッ…ガガガーーッ」


こんなんで、死ぬのか。

痛いのは嫌やぁぁぁぁ。


心臓がバクバクして飛び起きた。

どうやら「夢」だった。

生きててよかった〜〜〜。


2017年も終わり、と同時に約8ヶ月間のNPO職員も卒業をします。各方面の方々に大変お世話になりました。

諸々、新しい経験の機会を作っていただいた代表と団体に大変感謝しております。


NPOとは何だか最初はよくわからなかったが、民間と大きく異なる点は、目的が粗利追求ではなく、社会課題の解決。

 

お金がもうかりにくくとも、目を背けられない社会の課題はたくさんある事を知る。


今や民間にもSDGsの概念も広く浸透しつつあるらしく(newspicksで特集なってたり)、そもそも存在する意味って何?が求められるとおもう。

民間も行政もNPOも垣根をとっぱらい(そもそも組織でなく個の単位からでも)タッグを組んで同じ方向を向いて社会課題解決を目指す、顧客を奪う思考ではなく共有の思考で、そしてみんなでみんなのサステイナブルな幸せを目指していければいい。


そんなサステイナブルな活動に今後も寄与していきたいとおもった。

そいえば、大学の属した研究室はサステイナブルなディベロップメントを議論するゼミだった。今、思い出した。


目先にとらわれず、視野を広く、自分にできることを淡々とこなし、そして土に還りたい。謙虚さをわするるなかれ。


今年も大変お世話になりました。


関連記事

NO IMAGE

今日の朝一アゲ語「出逢う順番」

NO IMAGE

ダイエット目標設定

【リキッド】BI-SOの新作リキッド2種 先行レビュー!

NO IMAGE

Breast cancer treatment in Japan

ティースラボ ボタニカルトゥースペーストプレミアムを使ってみた

NO IMAGE

【衝撃】iPhoneの画面割れを激安で修理する方法!