早起きするならやっぱり早寝が一番

おはようございます!今日も睡眠について語ります。
最近はあまり早起きという早起きができていなかったので、生活を見直して、11時就寝を意識しています。
早寝をし、睡眠時間はそのままで起床時間を早い時間をスライドさせようということですね。

 

 

睡眠時間を削った早起きは辛い。

やはり、睡眠時間を削った早起きは起きたときは眠気がしばらく襲ってきている状態なのですが、早寝をしたときは眠気がなく、自然と起きられる感覚です。

目覚ましがなる前に起きていることもしばしばありました。

人それぞれでやはり適切な睡眠時間があるようで、それ以上はなかなか寝ているのが難しいのだと思います。

自分の睡眠時間を把握して、起きたい時間から逆算して寝る時間を決めるのが良いと思います。

私の場合は6時間睡眠を取れば眠気もなく、起床できています。

起きたい時間が5時なので、逆算して11時には寝るようにしています。

 

 

遅くてもその日のうちに寝るのがベター

どんなに遅くても夜中12時前には寝るようにした方が、次の日に起こる眠気に差が出てくるように思います。

12時を越えるとどうしても朝目覚めが悪いですし、昼も眠気が襲ってきます。

日中活力ある行動をしたいのならその日のうちに就寝することをおすすめします。

 

早く寝る為にはやることを減らす

早く寝る為には、寝るまでにやることを減らしましょう。

どうしてもやることが多いと寝る時間が遅くなってしまいます。

寝る時間が遅い人は一度生活スタイルを見直しましょう。

スマホをいじる時間やテレビを見る時間など、やってもやらなくてもいいような無駄な時間はありませんか。

スマホはいつでもいじれますし、テレビも見たい番組があれば、録画してみることができます。

やることを減らすコツとしては、その日に絶対やらないといけないことなのかで線引きしてみてください。

そうすると、大体のことがその日にやらなくてもいいことになります。

会社員の方は定時上がりだとしても、17~18時に帰宅することになります。

そこから24時までに寝ようとすると6~7時間程度しかありません。

食事やお風呂などを含めると5時間程度の時間になります。

限られた時間の中でやれることは限られていますので、まずは行動の整理をしてみましょう。  


まとめ

・睡眠時間を削った早起きは辛く、継続しにくい。
・睡眠時間を削らず、その日のうちに寝た方が辛くない。
・その日のうちに寝る為には、その日にやることを極力減らし、整理しましょう。

 

オススメ睡眠サプリはこちら!

f:id:takkuntyox:20171113234739g:plain

 

関連記事

アラフォー二人暮らしの家計簿:年間固定費を毎月積み立てするぞ!

NO IMAGE

DFSP闘病生活回顧録(79)

NO IMAGE

今日のToDo

NO IMAGE

ネガティブ思考を消す方法、身体を楽にする方法

NO IMAGE

ツヤ髪で美人度UP

NO IMAGE

秋を感じてみる