明るく元気な性格に近づくには、早寝早起きはおすすめ

f:id:takkuntyox:20171216201456j:plain

こんばんは!今日も睡眠について語ります。
最近早寝早起きを継続中です。
といっても今週からですが、今までは「1時就寝、6時起床」だったのを「11時就寝、5時起床」を守っています。
早寝早起きを継続してきての既に実感として感じられるものがありました。

 

少し元気になった

私は基本暗めの性格で、人見知りで口数も少ない方です。
家にいるときでもあまり家族との口数は少なく、必要最低限の会話しかしません。
特に朝は寝不足のせいか、起きても30分は寝ているような状態で、まぶたも重い感覚があります。
会話もまったくと言っていいほどなく、無言でした。
最近では朝でも良く家族と話すようになったと感じています。
また徐々にですが、人に会いたい願望が出てきました。先ほどの良く話すようになったのと似ているのですが、あまり家にいたくないという思いが沸々と湧いてきました。
人間関係に対し、アグレッシブに行動したいと思う自分にびっくりしています。

 

日中の眠気がなくなった

以前であれば、昼休憩には15分くらいの仮眠を取っていましたが、今はまったくなく、ブログの内容を考える習慣ができました。

空いた余暇時間をうまく活用できていると思います。

以前は仕事が終わり夜にブログの内容を考えていましたが、日によっては疲れてパソコンに向かうのを諦めたり、さぼることが度々ありましたが、今はまだ疲れていない時間に作業ができているので、非常に効率も良くなっている気がします。

仕事に行くのが、あまり苦になっていない

現状の業務が比較的落ち着いていることもありますが、先ほどの人間関係が苦になっていないというところで会社に行って色んな人と話したいを思う気持ちが強くなってくるのを感じています。
今まではどちらかというと足取りが重かったのですが、これも自分自身びっくりしています。

 

まとめ:早寝早起きを継続する価値はある。

まだ一週間も継続できていないのにここまで効果が実感できるのはびっくりです。
嘘だと思う方もおられるかもしれませんが、私の本心を書いています。
今後どのような効果が現れるか継続して確認していきたいと思います。

関連記事

NO IMAGE

体の相談にのります

アインズ&トルペモバイル会員がお得すぎる!人気のOPERA、モテライナーやキャン...

NO IMAGE

関ジャニ∞*GR8ESTが届きました

NO IMAGE

太るだけじゃない! 満腹な状態で寝るのは避けたい理由とは

NO IMAGE

生命・病気に関わる食物酵素

NO IMAGE

見守る時間