クロロゲン酸で血管力を高め肌トラブルを修復し改善。そんな成分の魅力を紹介

クロロゲン酸

クロロゲン酸とは簡単に言うとポリフェノールの一種で血管力を高め、肌改善効果が期待できると言われています。特に乾燥する時期など肌トラブルを起こしやすいシーズンには摂取しておきたいものになってきています。今回はそんなクロロゲン酸について、紹介していきたいと思います。

f:id:suhadabijinn:20171217111343j:plain

血管力について

血管力を高めると上記で書きましたが、そもそも血管力とはどんなことを言うのかというと、例えば寒いところにいると血管は体温を逃がさないようにと血管を収縮し、逆にお風呂に入ったり、眠くなると血管を広げ熱を放出しポカポカとし始めます。人の体には必要に応じて場面に合わせて血管も働きかけています。この血管の収縮、膨張がうまくいく状態のことを血管力が高いとも言われています。

血管力が高いと美容にどんな効果があるの?

血管力が高いと美容に何か意味があるの?と思われる方も多いと思いますが、よく言われるのがよく夜は肌のゴールデンタイムと言われますが、これは睡眠時血管が膨張し、熱を放出します。これにより栄養や酸素がスムーズに運ばれ、皮膚の修復や再生を盛んに行うことができます。このことから夜は肌のゴールデンタイムと言われるようになってきています。

血管力が低下するとどうなるの?

血管力が低いと血管の収縮、膨張がうまくいかないので上記のように栄養素を運んだり、場面にあった体温の調整が効率良くできなくなってしまいます。特にストレスが多かったり、睡眠の質が悪かったり、冷え性の人は血管力が低かったりと、体の調子に左右されて低下する傾向があります。勿論年齢とともに低下するといったこともありますが、こういった方たちは肌荒れを起こしやすかったり、スキンケアを心掛けていても中々改善しないといったことが起きてしまいます。なので肌トラブルを抱えている人はまず血管力を高め正常にすることを意識することが何より大切になってきます。

クロロゲン酸

クロロゲン酸は血管力を高め、酸素や栄養分を末端まで行き届けてくれます。血管力が高いことによる効果については上記でも紹介していますが、肌もそうですが、よく寒い時期などかかとが割れたり、爪にささくれができたり、唇が乾燥してめくれたり、割れたりといった場合にも効果があります。

クロロゲン酸はどんなものに含まれるの?

短なものでいうと、コーヒーがよく挙げられます。他にもジャガイモやゴボウといった根菜に含まれています。またクロロゲン酸を含んだ美容ドリンクもソフィーナから販売されていたり、サプリといったものでも摂取することができます。 

 

まとめ

血管力を高めるのは肌の調子を整えるのにも大切ですが、何より体の調子を整えるのにも十分な役割を果たします。血管力を高めるのにクロロゲン酸はとても重要な役割がありますが、改善する働きがあるものの内の一つであると思ってもらえたらと良いなと思います。 


スキンケアランキング

関連記事

Webエンジニアがフォローしておきたいアカウントリスト

NO IMAGE

【結局】走っても歩いても痩せるのが現実。効果が無いのは運動していないだけ。

NO IMAGE

ナノックスの匂いが好きになれない・・・

NO IMAGE

【専門家に聞いた】脳疲労を回復させる意外な食べ物とは?

選手が監督の言葉を誤解し 勝手にやっちゃった?

NO IMAGE

エブリィのリフトアップ。乗り心地を改善。その2